【食品開発職に関して@】

Twitterの自己紹介文に食品開発職と書いてある事もあり、多くのフォロワー様(主に学生さん)から仕事内容や進路に関して質問を受けます。そこで今回は、皆様から頂いた質問を絡め、食品開発職に関して色々と書いていきたいなぁと思います。少しでも多くの学生さんの役に立てればいいなぁ♪

※ 私は一つの会社にしか勤めた事がない為、下記する内容が全ての会社に当てはまるとは限りません。あくまで、一企業の食品開発職が主観で自由気ままに書いていると思って下さい。

◆ 自己紹介
「会社はどこですか?」,「業界は何ですか?」,「何年勤務されていますか?」,「入社して直ぐに食品開発職に就かれましたか?」等、私自身に関しての質問も多く受けますので、初めに自己紹介をしたいと思います。

流石に会社名は公開できません。また、業界も公開してしまいますと、会社がある程度特定されてしまいますので秘密にさせて頂きます。ごめんなさい。でも、皆様がよく知っている会社です。CMも流れておりますし、日本の至る所で当社の食品を購入する事ができます。勤務歴は今年で4年目です。入社してから、多少の研修はありましたが、ずっと食品開発職です。

◆ 仕事内容
「仕事内容を教えて下さい。」という質問を最も多く受けます。「食品開発職の仕事内容がイメージと違った。」という学生さんも少なくありませんので、ここで食品開発部及び開発に関わる他部署(マーケティング部,食品研究部)の仕事内容を説明したいと思います。

・ 食品開発部
マーケティング部が考えた商品を実現する部署です。どのような商品を作り出すかは既に決まってあります。具体的な仕事内容は「スモールスケールでの試作→会議→改良試作→会議→・・・→改良試作→会議(処方決定)→ラージスケール(工場)にてテスト(製造適性確認)→書類作成(パッケージに記される原材料 等)」といった流れとなります。食品開発部に所属しているメンバーは基本、理系大学または理系大学院出身です。

・ マーケティング部
どのような商品を作り出せばニーズがあるかを考える部署です。マーケティング部に所属しているメンバーの大半は文系大学出身です。営業をある程度経験した後に移動という方が多いと思われます。営業で取引先の方々等と意見交換を行う事で、どのような商品にニーズがあるかが分かってくるのだと思われます。具体的な仕事内容は、一般の方々にアンケートをとったり、どのような商品にニーズがあるか市場調査をしたり、営業から取引先の情報を収集したりして、ニーズが取れる商品を考えている様です。

・ 食品研究部
商品に関わる専門的な研究を行ったり、開発に数年以上の年月が掛かる商品(開発に特別な技術を必要とする商品)を研究したりする部署です。基本、理系大学院出身だと思われます。当社では、研究だけを行っている部署はなく、食品開発部における一部の人間が開発の仕事を行ないつつ、研究も進めております。当社で研究を行っているメンバーは、全員理系の大学院出身です。ちなみに、私も研究を行っているメンバーの一人です。具体的な仕事内容は、試作を行ったり、工場でテストをしたり、理化学試験を行ったり、設備や原材を扱うメーカーと打合せをしたり、本当に様々です。

以上が食品開発職,マーケティング職,食品研究職の仕事内容となります。上記しました通り、当社には食品開発,マーケティング部の二部署しかありませんし、上記三つの仕事内容を一つの部署で行っている会社もあると聞いた事があります。あくまで、この記事を読んで下さっている皆様(特に学生さん)に仕事内容のイメージを掴んで欲しいなぁと思い書いております。

◆ 進路
「大学院には行くべきですか?」,「大学は何学部に進めば食品開発職の役に立ちますか?」,「免許や資格は取っておいた方が良いですか?」等、食品開発職に就く為には進路をどうすれば良いかといった質問も多く受けます。そこで、進路選択に関しまして私個人の意見を書いていこうと思います。

結論から言ってしまえば、理系の大学院(博士前期課程=修士課程)を出られるのが、無難だと思います。学部は、自分が興味のある事を勉強すれば良いと思います。免許や資格は無くても問題ありません。

開発職の仕事で必要になってくるは「仮説→検証→考察→仮説→検証→考察→・・・」を繰り返す事ができる能力です。この能力を最も手っ取り早く身に付けられる方法が、理系の大学,大学院に進学し研究生活を送る事です。

学部は、理系であれば自分の興味がある学部を選択すれば良いと思います。どの学部を選択しても、理系の基礎知識は身に付きます。専門知識は、入社後の勉強で十分間に合います。ちなみに、私の周りで多いのは農学部出身です。農学部出身の大半は食品に関する研究をしていた様ですが、当社が扱っている商品に関する研究(商品自体,商品の原材料等の研究)をしていた人は極少数です。もっと言えば、私は理学部の生物学科出身です。大学,大学院時代は、脳神経の研究を行っていました。食品とは全く無関係の研究です。

免許や資格は、特に習得しなくても問題ないと思います。実際、私も食に関する免許や資格は持っていませんし、周りにもあまりその様な人は見られません。

以上が進路選択における私個人の意見です。進路選択で悩まれている学生さんにとって、少しでも参考になれば幸いです。

最後に、本当に食品開発職に就きたいと思われている方は、出来るだけ多くの食品開発者から話を聞いた方が良いと思います。特に食品メーカーは、扱っている商品によって開発スピードが大きく異なる為、組織形態や仕事内容は各会社によって様々です。色々な方々から話を聞く事で、イメージが掴め進路が見えてくるのではないでしょうか?

長々と書かせて頂きましたが、最後まで読んで下さりありがとうございました。また、頂きました質問が纏まり何か書けそうだなぁと思えば、この様に記事を書きたいと思います。

何かございましたら、気軽にコメントに記して下さい。TwitterのDMでも問題ありません。気軽にどうぞ♪


posted by ワンタン at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食品開発職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする